Q.西洋と東洋の弾き方の違いとはいったい何でしょうか?

 

西洋人と東洋人では、体の使い方、リズムの取り方、フレーズの歌い方に明らかに違いがあります。

現在日本のピアニストの多くが、日本人として持っているそのままの体の使い方、リズム感で西洋音楽を演奏しています。

そのことにより、本来の西洋音楽の立体的な3次元、4次元とも言える音楽が、平面的な2次元の音楽になってしまっているのです。

もちろんその東洋人の器用さ、感性は必要ですが、その特性を本当に生かすには、根本的な奏法の違いを見極めなければいけません。

 

皆様の中にも巨匠の演奏と聴き比べてみると、とても大きな隔たりがあるように感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

何か自然ではないーすなわち美しくない部分があるのを・・・?

 

その理由はいったい何なのでしょうか?

 

それは西洋人と東洋人の体の違いが原因と考えられます。

ただ違いと言っても外見からわかる身長や手や足の長さのバランスという事はさほど関係は無いと思われます。

東洋人でも西洋人でも背の高い人もいれば、背の低い人もいますし、足の長い人もいれば、足の短い人もいるからです。

それよりも西洋人と東洋人の動作のメカニズムの違いに目を向けなければなりません。

ピアノの鍵盤を打鍵するまでのメカニズムが西洋と東洋では大きな違いがあるという事です。

 

 

Q.なぜ西洋人の弾き方をマスターしなければならないのでしょうか?

 

それは西洋の作曲家自身ピアノ演奏に長けた人々も多いわけですが西洋人としての体の使い方が基本になっており、

それができなければ、ベートーヴェンでもショパンでも本当に演奏できたとは言えないからです。

 

私自身日本の音楽教育を受けて育ちました。成長するにつれ難しい作品を演奏するようになり、

お手本とする巨匠の演奏には到底追いつかない何かに、いつも疑問と焦りを感じていました。

その後、色々な先生に師事する度に、それまでの技術を壊し、一から徹底的に学び、

それを繰り返し繰り返し試行錯誤し現在に至っています。

 

私が学生だった時代から随分と時間が経ちますが、国際化が進んだはずの今の日本の音大でもなかなかそのことを教われる人は少ないと思います。

私自身も実際に学んだのは、学校以外での事でした。たとえ留学してもその違いについて気付かずに過ごし、そのままの日本的な奏法(自己流)

のままで帰国される方も多いと思います。

 

 

当方では西洋音楽(クラシック)を演奏するために日本人が何を学ぶべきかという事を、

 

体の動作のメカニズム、本当の譜面の正しい読み方を一からわかりやすく指導しています。

 

今の技術に疑問を感じていらっしゃる方、

専門的に一から学びたい方、

これから留学を考えていらっしゃる方、

巨匠の演奏に近づきたい方、

 

お待ちしております。

 

また発表コンサートも企画いたします。

 

必要事項をご記入の上、下記フォームよりお気軽にお問い合せください。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 

植原晴子のYouTubeのチャンネル

http://www.youtube.com/user/MrMkijik

 

植原晴子のFacebookページ

https://www.facebook.com/HarukoUehara

Cello&Piano映画音楽

ひまわり

ロミオとジュリエット

エターナリー